You are here

NI製品活用事例のご紹介

様々な分野のユーザ様が、NI製品を使用し、どのようにシステム構築を行い、どのようにそのシステムを活用しているかご紹介します。

あらゆる電装品を協調動作させて機能とロバスト性を自動評価、マツダがNIのHILシステムで実現

マツダ株式会社 統合制御システム開発本部 首席研究員 足立 智彦氏
マツダ株式会社 統合制御システム開発本部 電子開発部 電子実研グループ シニアスタッフ 岡田 英之氏
マツダ株式会社 統合制御システム開発本部 電子開発部 電子実研グループ シニアスタッフ 橘高 徳昭氏
マツダ株式会社 統合制御システム開発本部 電子開発部 電子実研グループ 谷口 雅也氏
株式会社マックシステムズ 新規事業推進室 テクニカルマネージャー 岡田 泰尚氏

周知のとおり、自動車では急速に電子化が進んでいる。ワイパーやドアロックの制御に始まり、照明や空調、パワートレイン、インフォテインメント、さらには各種の安全システムなど、現在ではあらゆる部分に電装品が適用されている。しかも、それらは単独で動作するのではなく、互いに情報をやり取りしながら連携して動作するようになった。こうした電装品の評価を行う際には、協調動作を行っている状態で機能を確認する必要がある。しかも、電源電圧の変動やノイズなどが存在する条件下での動作も検証しなければならない。当然のことながら、一連の作業は自動的に行えるようにしたい。しかし、こうした要件に対応可能な評価手法は世の中には存在しなかった。このような課題に真正面から取り組んだのがマツダである。同社はナショナルインスツルメンツ(NI)の製品を活用し、必要なシステムを一から構築することで問題を解消した。ここでは、マツダの足立 智彦氏、岡田 英之氏のお話を基に、開発された評価システムの概要や、それがもたらしたメリット、NI製品が果たした役割などを紹介する。

 続きを読む

 

 

NI製品で構成した状態監視用のIoTシステム、安全性の確保に向けてSUBARUの実験施設に導入

SUBARU 第二技術本部 パワーユニット研究実験第四部 パワーユニット実験設備課 幾田 直樹氏
SUBARU 第二技術本部 パワーユニット研究実験第四部 パワーユニット実験設備課 小山 貴憲氏
ペリテック 神奈川事業所 所長 大野 智紀氏

自動車の心臓部とも言われるエンジンの開発工程では、さまざまな試験が行われる。そのための設備のひとつに、エンジンベンチが挙げられる。そこでは、エンジン単体にダイナモメータ(動力計)を接続し、回転数やトルクを計測する試験が行われる。エンジンベンチでの試験には、ガソリンをはじめとした危険物を取り扱う性質上、程度の差こそあるものの火災のリスクが常に付きまとう。SUBARUでは、第一種危険物取扱所での災害を未然に防ぐため、温度センサによる火災報知設備や消火設備はもちろん、目に見えないCOの濃度を測定器で確認するなど、安全性の確保に向けた取り組みを従来から行っていた。しかし、自主保安は個別の試験室ごとに設けられており、統括的ではなかった。加えて、万が一火災報知設備が作動した場合には、社内だけではなく、近隣の住民にも多大な迷惑をかける可能性がある。そこで、所内すべてのエンジンベンチに、統括管理が可能な安全監視システムを導入しなければならないと考えた。その安全監視システムの主要な構成要素として採用されたのがナショナルインスツルメンツ(NI)の製品群である。同システムの詳細やNI製品が果たした役割について、SUBARUの幾田 直樹氏、小山 貴憲氏ならびに設計/実装を担当したペリテックの大野 智紀氏にお話をうかがった。

 続きを読む

 

 

3日間で飛行船の自動制御を実現:TA主導型のシステム開発プログラム

京都大学工学部電気電子工学科

京都大学工学部電気電子工学科では2017年9月、1年生から3年生を対象とした課外活動「エレクトロニクスサマーキャンプ」を開催した。運営にあたる先生方およびTAの面々に、エレクトロニクスサマーキャンプの魅力とその成果について話を聞いた。

 続きを読む

 

 

PXIを活用したSUBARU向けの車両試験システム、HILシミュレーションにより実路と同等の負荷を生成

SUBARU 第二技術本部 電動ユニット研究実験部 電動ユニット研究実験第一課 海口 大輔氏
堀場製作所(HORIBA) びわこ工場 生産本部 自動車計測システム設計部 Driveline System Designing チーム ジョブリーダー 阿部 将氏
バーチャルメカニクス(VMC) ビークルシム事業部 セールスマネージャ 友安 恭介氏

自動車を開発する際には、テストコースや公道を使用した走行試験が実施される。現実の道路(実路)を走らせて、車両全体に問題がないことを確認することが目的である。この試験手法はごく一般的なものだが、実は大きな課題を抱えている。天候などに依存して路面の条件が変動するため、再現性のある試験を安定して実施することが極めて困難なのだ。この課題を解決するために、SUBARUは、HORIBAならびにバーチャルメカニクスと連携することにより、実路と同等の負荷条件を生成可能な試験用システムの開発に取り組むことにした。具体的には、ダイナモメータとHILシミュレータを組み合わせることにより、天候の影響を受けない室内での運用が可能なシステムを構築した。このプロジェクトに大きく寄与したのが、NIのPXI製品である。では、NIの製品がもたらしたメリットとは何だったのか。また、開発したシステムによってどのような成果が得られるのか。SUBARUの海口 大輔氏、HORIBAの阿部 将氏、バーチャルメカニクスの友安 恭介氏にお話をうかがった。

 続きを読む

 

 

機械学習を用いた異常検出システムをLabVIEWで構築、品質工学を適用することで極めて的確な良否判定が可能に

アマノ開発本部 タイム開発部 ハードウェア開発課 主幹 鈴木真人氏

何らかのモノから生じる音や振動などを監視することにより、そのモノに発生している異常を検出したいというニーズがある。例えば、設備で発生した異常の検出や、製品の検査、品質の分析などに、そうした手法を役立てたいということである。しかしながら、実際の異常はさまざまなモードで発生することもあり、単純に音や振動の振幅を監視したり、FFTによる周波数解析を行ったりする方法では、実用的なレベルに達しないケースがほとんどだ。このような状況を受けて、アマノの鈴木 真人氏は、微小な変化を高い感度で検出し、閾値を使った的確な良否判定を実現する新たな理論を構築した。品質工学(タグチメソッド)の手法を導入することで、FFTによる周波数分析をさらに発展させたものである。その理論の具現化に使われたのが、ナショナルインスツルメンツ(NI)のグラフィカル開発プラットフォーム「NI LabVIEW」だ。では、LabVIEWはその開発作業にどのような効果をもたらしたのだろうか。また、開発された新たな手法により、具体的にはどのような成果が得られているのだろうか。鈴木氏にお話をうかがった。

 続きを読む

 

 

AISTが質量分析装置をベースとするナノ粒子用の分析システムを構築、FlexRIOで高速処理に対応

産業技術総合研究所 計量標準総合センター 物質計測標準研究部門 環境標準研究グループ 研究グループ長(工学博士)稲垣 和三氏
産業技術総合研究所 計量標準総合センター 物質計測標準研究部門 環境標準研究グループ 主任研究員(生命科学博士)宮下 振一氏
太陽計測 テクニカルソリューション事業部 テクニカルソリューション営業本部 副本部長 秋山 日出夫氏

ナノ粒子とは、1 nm~100 nmの大きさで形成された粒子のことである。すでに化粧品や電子機器、塗料などの用途で広く使用されている一方で、食品や環境に対する影響についての懸念も指摘されている。そうした問題について正しく把握するには、ナノ粒子の種類を同定する方法や、サイズや量を正確に測定する方法が必要になる。そのために、一般的には元素の同定や定量に使用される質量分析装置を利用してナノ粒子の分析システムを構築しようという動きがある。しかし、そのようなシステムを最適なかたちで構築するためには解決すべきいくつかの課題があった。産業技術総合研究所(AIST)は、ナショナルインスツルメンツ(NI)のFlexRIOとLabVIEWを採用することで、それらの課題を解決した。では、具体的にはどのような課題があり、どのようにして解決したのだろうか。AISTの稲垣 和三氏、宮下 振一氏、システムの共同開発に携わった太陽計測の秋山 日出夫氏、高島 昌司氏にお話を伺った。

 続きを読む

 

 

ホンダが燃料電池のインピーダンス測定に向けて新手法を開発、検証環境はPXIによって構築

本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第5技術開発室 第3ブロック 研究員(工学博士) 江上 雅裕氏

燃料電池では、稼働時のインピーダンスを測定することで状態の診断を行うことができる。現在、商用化されている燃料電池車にも、燃料電池で発電を行った結果生成される水の量を監視することを目的とし、ある単一周波数に対するインピーダンスを測定するための仕組みが盛り込まれている。その測定結果を基に、水量を調節するための制御を行うということである。ただ、実際には、単一周波数ではなく、広い周波数範囲に対するインピーダンスの特性を測定すれば、よりきめ細かい性能管理を実現することができる。しかし、それを実用レベルで行うには、わずか数秒で高精度に計測を実施できる方法が必要だった。本田技術研究所の江上 雅裕氏は、そのような計測手法を新たに考案した。その検証作業に向けては、ナショナルインスツルメンツ(NI)のLabVIEWとPXI製品を使用してシステムを構築した。では、NIの製品を採用したことにより、どのようなメリットが得られたのだろうか。

 続きを読む

 

 

CompactRIOで構築した錢高組のIoTシステム、トンネル工事の安全管理と省エネを同時に実現

錢高組 技術本部 技術研究所 主任研究員 白石 雅嗣氏、イー・アイ・ソル 営業部 部長 平澤 啓氏

錢高組は1705年創業の老舗企業である。江戸時代より宮大工の棟梁を代々家業としてきたことを起源とする同社は、現在、庁舎、オフィスビル、商業施設などを対象とする建築事業と、トンネル、橋梁、ダムなどを対象とする土木事業を柱として成長を続けている。その錢高組が、高松自動車道 志度トンネルの工事現場にまったく新たなシステムを試験的に適用した。それは、IoT(Internet of Things)を活用し、坑内で働く作業員の安全性を高めつつ、坑内で使用される電力量を削減するというものである。これまでにない機能を実現した同システムだが、その開発はわずか3ヶ月のうちに完了したという。このような先進的な機能と短期間での開発を実現できた理由は何だったのか。システムを共同開発した錢高組の白石 雅嗣氏とイー・アイ・ソルの平澤 啓氏にお話を伺った。

 続きを読む

 

 

ミツミ電機がLiイオン電池保護用IC向けのデモ環境を構築、 NI PXIにより従来比1/10の小型化を実現

ミツミ電機 半導体事業部 設計技術部 電池IC技術課 課長の板垣 孝俊氏、同課 副主幹技師の山口 剛史氏、同課の岡淵 良久氏

ミツミ電機は、主力製品の1つとしてリチウムイオン電池向け保護用ICの開発/製造/販売の事業を展開している。スマートホンやタブレット端末の市場では、保護用ICのベンダーとして最大手の地位にある同社だが、その営業関連の活動においては従来から1つの課題を抱えていた。保護用ICのデモンストレーションには、ボックス型の計測器を何台も使用することになる。そのサイズが大きすぎて、フットワークの軽い動きがとれなかったのである。特に、それらの装置一式を持ち運んで海外の顧客を訪問し、デモを実施するというのは事実上不可能であった。この課題を解決したのが、ナショナルインスツルメンツ(NI)のPXI製品群である。PXI製品が営業支援にどのような効果をもたらしたのか、また今後の開発業務にどのように活かすことができるのか、ミツミ電機で保護用ICの開発を担当する3氏にお話を伺った。

 続きを読む

 

 

5Gの広帯域・超低遅延を支えるミリ波無線通信、Nokia社がいち早く実証に成功した理由

Nokia Solution and Networks 社 Head NAM Radio Systems T&I Research Amitabha Ghosh氏

2020年の商用化を目指して、第5世代移動通信「5G」の技術開発に拍車がかかってきた。ピークレートは10Gbps以上、レイテンシ(遅延)は1ミリ秒以下と、5Gの開発目標は極めて高い。実現には物理層の向上、Massive MIMO、ネットワークの高密度化などが検討されているが、ミリ波の活用も注目されており、技術開発が加速している。こうした中、Nokia社は、E-band(71GHz-76GHzおよび81GHz-86GHzの周波数帯域)での無線通信の実証実験に世界に先駆けて成功した。その実証実験に用いた試作機の開発で挑んだ課題とその解決方法について、Nokia Networks Head NAM Radio Systems T&I ResearchのAmitabha Ghosh氏に聞いた。

 続きを読む

 

 

富士通が基地局向けORI仕様の相互運用性を実証、実験には自社製RRHと
NI製BBUシミュレータを採用

富士通 ネットワークプロダクト事業本部 ワイヤレスシステム事業部 事業部長 谷口正樹 氏

BBUとRRHの間は光ケーブルで接続されるが、そのインタフェース仕様としてはCPRIが事実上の業界標準となっていた。そうしたなか、通信事業者の主導の下、インタフェースの新たな標準仕様としてETSI(欧州電気通信標準化機構)によってORIがリリースされた。ORI仕様の策定に参画していた富士通は、同仕様に準拠するRRHの開発を終えるとともに、同じく同社が開発したBBUとの接続が問題なく行えることを確認した。しかしながら、自社が開発したRRHと他社が開発したBBUとの相互運用性を実証することが、ORIの普及に向けては不可欠であると同社は考えた。そのためのパートナーとして選ばれたのがナショナルインスツルメンツ(NI)であり、相互運用性の検証に使用されたのがPXIをベースとするNI製のBBU側システムである。ORI仕様が策定された背景や、その意義、そしてPXIベースのシステムがもたらすメリットについて、富士通 ワイヤレスシステム事業部の3氏にお話をうかがった。

 続きを読む

 

 

「真の」マスタスレーブ式ロボットがロボットバトルに参戦、その超短期開発を可能にしたNI製品

マンマシンシナジーエフェクタズ 代表取締役/立命館大学 チェアプロフェッサーの金岡克弥氏

マンマシンシナジーエフェクタズ株式会社/立命館大学の金岡氏が開発した独自の制御技術により、ロボットの操作者は、あたかも自らの手で作業を行っているかのような感覚を得ることができるという。一方のロボットは、無線制御によって非常に滑らかに動作するとともに、過酷な稼働環境に耐えられるだけの堅牢性も備えている。このような特徴を有するロボットを、金岡氏らはナショナルインスツルメンツ(NI)のハードウェア/ソフトウェアを活用することにより、わずか数ヶ月で完成させることができたという。なぜ、そのような超短期開発が可能だったのか、金岡氏にお話をうかがった。

 続きを読む

 

 

南極の過酷な環境で稼働する電波観測システム、CompactRIOで堅牢性と柔軟性を確保

国立極地研究所 極域データセンター 副センター長/准教授 博士(工学)の岡田 雅樹氏

南極の昭和基地では、宇宙科学、気象学、地質学、生物学などの研究のベースとなるさまざまな観測が行われている。そのうちの1つが、主に地球の磁気圏についての研究を実施するために行われている自然電波の観測だ。数年前まで、その観測を行うためのシステムはアナログ技術のみを使用して構築されていた。最新技術からの恩恵を享受するために、それらのシステムのデジタル化を図りたいと考えるのは自然な流れだ。しかし、最低気温が-30℃にもなる極寒の地では、一般的なシステム要件とは異なる制約がいくつも存在した。そうした課題を解決するために選ばれたのが、ナショナルインスツルメンツ(NI)のCompactRIOである。なぜCompactRIOが選ばれ、どのようにしてそれらの課題を解決したのか。電波観測システムの開発に携わった極地研究所の岡田 雅樹氏にお話をうかがった。

 続きを読む

 

 

将棋電王戦で活躍した“ロボット棋士”、 その超短期開発を可能にしたLabVIEWの威力

株式会社デンソーウェーブ 営業部 中部支店 係長 鈴木達也氏
株式会社マックシステムズ 営業部 SE課 課長 岡田泰尚氏
株式会社松浦電弘社 取締役設計部長 北野和男氏

2012 年に始まった「将棋電王戦」。プロ棋士とコンピュータ将棋ソフトの熱戦は人気を博し、その後も年に1 回のペースで開催されている。その対戦風景は、2014 年に行われた第3 回に大きく変化した。それまで、将棋ソフトが決断した手は人が代理で指していたのだが、第3 回からは棋士の眼前に座る“ロボット棋士”が指すようになったのだ。テレビやネットでその様子を目にした方も多いはずだが、このロボットがわずか1 ヶ月半で開発されたものだと知れば一様に驚かれるのではないだろうか。その超短期開発に大きく貢献したのが、ナショナルインスツルメンツ(NI)のLabVIEW である。開発に携わったデンソーウェーブ、マックシステムズ、松浦電弘社の担当者3 氏に、LabVIEWのもたらした効果について語っていただいた。

 続きを読む

 

 

PXI 製品でロケットからのRF 信号を長時間記録、これまで不可能だった電波干渉の解析に活路

宇宙航空研究開発機構 宇宙輸送ミッション部 鹿児島宇宙センター射場技術開発室 主任研究員 油谷 崇志氏

ロケットの打ち上げを行う際には、その飛行状況や内部の装置などに関する多様な情報を地上で監視しなければなら ない。当然のことながら、その監視には無線システムを使用し、地上でデータを受信することになる。しかし、従来からそこにはひとつの課題が存在していた。ロケットの噴煙をはじめとするさまざまな要因により、通信が瞬間的に途絶えてしまう「ロックオフ」という現象が発生してしまうのだ。宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、この現象の原因を追究し、解決を図りたいと考えていた。

 続きを読む

 

 

LabVIEW RIOアーキテクチャーを利用しハイブリッド車向けのモーターHILSを構築、
FPGAの高い演算性能とオープンアーキテクチャが決め手に

富士重工業 スバル技術本部 HEV設計部 主査グループ 担当 森田 知洋氏

富士重工業は、2013年6月に同社初のハイブリッド車「SUBARU XV HYBRID」を発売した。量産型のハイブリッド車は初めてということで、その開発にあたっては従来とはまったく異なる手法が必要となる部分もあった。なかでも、モーターの制御に用いるECUについては、実機を使用する従来の手法のままでは、量産車に求められる高い制御品質を実現することは不可能であったという。そこで同社が導入したのがHILシステム(モーターHILS)である。そして、その実現の決め手になったのがナショナルインスツルメンツ(NI)のNI FlexRIOだ。

 続きを読む

 

 

グラフィカルシステム開発と VSS の融合で、気象レーダーの設計期間を40%短縮

古野電気株式会社  技術研究所 研究部 部長工学博士 柏 卓夫氏
同部 ハードウェア・システム技術研究室 主任研究員 淺田 泰暢氏
同 主任研究員 小林 友直氏 

魚群探知機や航海用レーダーなど、船舶用電子機器のメーカーとして有名な古野電気が、新たな事業展開として、気象レーダーの開発に乗り出した。同社にとって未知のアプリケーションであるにもかかわらず、手戻りの発生を抑えて短期間での開発を実現するためには、同社の従来の設計手法とは異なる新たなアプローチが必要であったという。そうした背景から選ばれた手法が、ナショナルインスツルメンツが提唱するグラフィカルシステム開発である。

 続きを読む

 

 

「イトカワ」の微粒子解析にも使われた同位体顕微鏡、新システムではPXIにより10倍の性能向上を実現

北海道大学大学院理学研究院 自然史科学専攻 教授/創成研究機構 教授 圦本 尚義氏

2011年8月、北海道大学は小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」から持ち帰った微粒子の分析結果を発表した。それによれば、分析した28個の微粒子はいずれも地球外に起源を持つものであることが証明されたという。この分析に使用されたのが、北海道大学が開発した同位体顕微鏡システムという装置である。イトカワの微粒子解析で使われたのは「磁場偏向型」と呼ばれる方式の装置だったが、北海道大学は新たに「飛行時間型」を採用したシステムも開発した。では、なぜそのような新たなシステムが必要になったのだろうか。

 続きを読む

 

 

PXIベースのHEV/EV向けHILSシステム ルネサスがモータ制御技術の先行開発に導入

ルネサスエレクトロニクス株式会社 自動車システム統括部 自動車先行システム技術部 主任技師 香川 秀樹氏

技術者が必要とするシステムを、自由に、しかも効率よく実現できるプラットフォームを提供するシステム開発ソフトウェア 「NI LabVIEW」とPXI規格のモジュール式ハードウェア。これらを展開する日本ナショナルインスツルメンツと、車載機器開発向けソリューションを提供する複数のベンダが連携し、HEV (Hybrid Electric Vehicle) / EV (Electric Vehicle) に向けた先進的なHILS (Hardware in the Loop Simulation) システムを実現している。これをいち早く導入したのが、車載マイコン大手のルネサスエレクトロニクスである。

 続きを読む

 

 

少量生産のLSI向けに検査サービスを提供、既存設備とPXIを組み合わせてRF計測にも対応

株式会社シスウェーブ システム・ソリューション事業部 技術担当部長(現・開発管理室) 成田 信幸氏

製造部門を有していない企業が少量生産のLSIを開発する場合、1つの大きな課題に直面することになる。それは、「どこで出荷検査を行えばよいのか?」と いう問題だ。いわゆるテストハウスは、少量生産品を敬遠しがちだからである。また、そのLSIがアナログ/RF機能を備えるものである場合、検査システム の開発と設備にかかるコストが膨れ上がり、さらにその障壁は高くなる。

 続きを読む

 

 

NI LabVIEWとNI PXIを使用してレゾルバの動作を模擬、マイコンシステム評価に大きく貢献

富士通マイクロソリューションズ株式会社
MS開発本部 ソリューション開発統括部
マイコンシステム開発部 部長 越川 丈太郎氏

「デジタルグリッド」の具現化に向け、NI LabVIEWとNI Single-Board RIOが果たした役割

東京大学大学院
特任教授 阿部 力也氏

アプリケーションごとに異なるプログラムによって稼働するマイコンについては、実際に使用される条件での動作を十分に評価/検証する必要がある。その際、 問題になるのが、システムの挙動を安定的かつ再現性良く評価するために、マイコンに信号を入出力する周辺部品を含めた環境を用意しなければならないという ことだ。

 続きを読む

「デジタルグリッド」とは、高度な情報通信機能を備えた次世代送電網のことである。その開発と普及促進に携わるデジタルグリッド・コンソーシアムは、デジ タルグリッドの具現化に向けた第一歩として「デジタルグリッドルーター」の開発に取り組んできた。電力変換機能と通信機能を併せ持つこのデジタルグリッド ルーターこそが、「エネルギーのインターネット」とも称されるデジタルグリッドの要となるものである。

 続きを読む

放射能汚染地域の線量監視システム、路線バスに設置するだけで自動測定/可視化が可能に

京都大学原子炉実験所
粒子線基礎物性研究部門 助教・博士(理学) 谷垣 実氏

マルチユーザMIMOの実証実験システム、 LabVIEWとRFモジュールの活用で短期開発と
高度な機能を実現

京都大学 大学院情報学研究科
通信情報システム専攻 准教授 村田 英一氏

福島第一原子力発電所の事故を受け、福島県を中心とした地域では、数十年にわたって放射線量の監視を行わなければならなくなった。これにかかる労力を削減 し、なおかつ精密な線量マップをほぼリアルタイムに取得可能にするものとして開発されたのが走行サーベイシステム「KURAMA-II」である。

 続きを読む

次世代の無線通信技術の“本命”として注目を集めるマルチユーザMIMO。その有用性や実現手段については盛んに研究が行われ、基礎理論や実用時に生じる課題を解決するための各種理論は早い段階で確立されていた。その半面、実機を用いた検証は必ずしも進んでいなかった。

 続きを読む

次世代EVの開発を支えたLabVIEW。小型で高い拡張性を備えたCompactRIOが威力を発揮

日本自動車研究所
FC・EV研究部 性能研究グループ 研究員 島村 和樹氏

非接触式超音波検査装置の製品化に貢献。コア技術のシステム展開をLabVIEWが後押し

ジャパンプローブ株式会社
代表取締役社長 小倉 幸夫氏

NI LabVIEWと拡張ハードウエアは、効率的な開発プラットフォームを提供する。この特長を次世代EV(Electric Vehicle、電気自動車)の開発に利用したのが財団法人日本自動車研究所(JARI:Japan Automobile Research Institute)である。EVにおける燃費を徹底的に追求した同研究所のコンセプト・カー「シータ」に、ナショナルインスツルメンツが提供する小型の 制御・集録システム「NI CompactRIO」を基に構築したECUを搭載。

 続きを読む

鉄鋼など様々な素材やコンクリートでできた構造物、生体などの内部を非破壊で検査することができる超音波検査装置では、センサの役割を担うプローブを検査 対象に直接当てる接触式の装置が長年にわたって使われてきた。こうした中、非接触で超音波検査が実施できる画期的な装置「空中超音波探傷システム『エアス キャナー NAUT21』」をジャパンプローブが製品化した。

 続きを読む

3D対応「ブルーレイディーガ」の戦略展開にLabVIEWが貢献。規格決定から短期間で生産用検査システムを構築

パナソニック AVネットワークス社
ネットワーク事業グループ ものづくり支援センター
グローバル製造技術チーム 主事 高田 泰廣氏

高度な爆薬検知技術の実用化に先鞭。PXIシステムで装置を小型化、実証実験へ

独立行政法人 海上技術安全研究所
海洋リスク評価系研究員 近内 亜紀子氏

パナソニックは、3次元(3D)映像に対応したブルーレイ・ディスク・レコーダーを2010年4月に業界でいち早く発売した。AV機器の3D化に積極的な同社にとって、この製品は重要な戦略製品の一つ。業界の先陣を切って製品を発売するために、業界内で進む3D映像関連の規格化作業と並行する形で製品を開発。

 続きを読む

LabVIEWとPXIモジュール・システムが提供するプラットフォームを利用すれば、複雑なシステムを効率よく、合理的な形で実現できる。その好例の一つが、海上技術安全研究所が開発した爆薬検知装置だ。核四重極共鳴(NQR)と呼ばれる物理現象を利用した次世代システムである。この装置が実用化されれば、空港の手荷物検査において危険な爆薬を短時間で確実に発見できるようになる。

 続きを読む

無線通信技術の研究を支える試作機の受託開発。LabVIEWで作業効率を向上、捻出した力で新たな挑戦

株式会社ドルフィンシステム
代表取締役 福島 幹雄氏

工場の省エネを加速する「交直流配電制御」。シミュレーションから実装までLabVIEWが開発をサポート

電力中央研究所
名誉研究顧 植田 清隆氏

NI LabVIEWとモジュール式ハードウエアが提供するプラットフォームは、ユーザーの要求に応じた様々なシステムを自由に、しかも効率よく実現できる環境をものづくりの現場にもたらす。無線通信分野の基礎技術の研究に必要な様々な試作機の受託開発を手掛けるドルフィンシステム(本社:東京都豊島区)は、この利点を生かして事業強化に取り組んでいる。基幹事業の受託開発にかかる作業を効率化。これによって捻出した時間やマンパワーを活用して、コア技術を活かした自社製品開発にも乗り出す。

 続きを読む

地球温暖化対策に向けたCO2排出量削減は,いまやあらゆる分野の事業者にとって避けて通れない重要な課題となっている。特に大量のエネルギーを消費する工場などの大規模施設では,CO2排出量削減に向けた省エネ対策は急務といえよう。そこで,工場における省エネを進めるために,工場間で電力を融通し合う「連系」を採り入れた配電制御の最適化技術の開発研究が進められており,NI LabVIEWと拡張ハードウエアで実現する開発プラットフォームが活躍している。

 続きを読む

製造業でニーズが高まる音質評価システム。専門会社と連携して合理的なツールを安価で実現

キャテック株式会社 
取締役社長  (東京工業大学名誉教授) 長松 昭男氏

半導体デバイス設計の効率化に貢献。ドライバIC開発用LCDシミュレータを実現

株式会社ペリテック
システム開発 係長 井澤 年宏氏

NIは、専門技術を持つ様々な企業と連携するかたちで、振動・騒音の解析システムを開発。さらにパートナーである専門企業の知識やノウハウを生かしたコンサルティング・サービスとともに開発したシステムを様々な分野に向けて展開している。こうした同社の取り組みの一つが、振動・騒音の計測および解析に関するシステム開発とコンサルティングを手掛けるキャテックと共同で展開している「音質評価」のためのソリューションである。

 続きを読む

NIは、ユーザーの領域に踏み込む形で様々な分野に向けたソリューションを自ら開発し,提案する取り組みを進めている。ここで同社が重視している分野の一つが「半導体」だ。LSIの進化とともに次々と浮上する課題を解決するソリューションを着々と開発している。その一例が,ペリテックと共同開発した液晶ドライバIC開発用の液晶ディスプレイ(LCD)シミュレータである。

 続きを読む

 

 

NI製品活用事例集のご請求

この他にも、日々、NI製品の画期的な活用方法が新しく発見されています。NI製品のユーザがグラフィカルシステム開発のメリットをどのように活用しているかをまとめた冊子を無料でお送りします。システム事例を、業界別・アプリケーション別・製品別にご覧いただけます。

 事例集のご請求はこちら