You are here

グラフィカルシステム開発コンテスト 2012 入賞作品紹介


2012年授賞式の模様

グラフィカルシステム開発コンテスト(旧名称:アプリケーションコンテスト)とは、ナショナルインスツルメンツ(NI)製のソフトウェア・ハードウェアを使用したアプリケーションを、全国のユーザより募り、技術、コスト、革新性等の面から 審査するコンテストです。本コンテストの最優秀作品は2013年に開催されるNI米国本社主催の“Graphical System Design Award”に日本代表作品として出品されます。また、各部門の入賞者には豪華賞品が贈られると共に、応募作品をユーザ事例として、弊社のイベントやWebサイト、ニュースレター等、各方面で紹介いたします。企業のイメージアップや製品の販売促進、また研究成果発表の場を広げる絶好の機会です。

 

2011 入賞作品はこちら
2010 入賞作品はこちら

審査・評価基準
  1. NI のソフトウェア、ハードウェアの特長を最大限に活用したアプリケーションか
  2. そのアプリケーションは課題解決に役立っているか
  3. 開発時間の短縮、コストの削減、品質の向上につながっているか
  4. 革新的なアプリケーションか

 

結果発表

本コンテストで入賞された作品をご紹介します。

【最優秀賞】   一般部門

【優秀賞】   システムインテグレーション部門 /  学生部門

 

最優秀賞
一般部門

 

日本大学
工学部電気電子工学科生体生理工学研究室 准教授 村山嘉延氏  

「医療機器・多機能超音波凝固切開装置の開発にむけた圧電超音波振動測定・制御システム」

作品の詳細はこちら

 

優秀賞
システムインテグレーション部門

 

株式会社イー・アイ・ソル 
営業部部長 平澤 啓氏

「消費電力の見える化~iPad を使用した消費電力監視HEMS システム」

作品の詳細はこちら

 

学生部門

 

東京工業大学
工学部機械宇宙学科 轟・水谷研究室 水上孝一氏

「非接触渦電流温度計による熱可塑性CFRP融着部のリアルタイムモニタリング」

作品の詳細はこちら

 

その他の応募作品(一部抜粋)

 

大阪医専

「NI myDAQ利用のRLC直列共振回路実験への検討」

 

オムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社

「LabVIEWを用いたソフトウェア検証ツールの開発」

 

株式会社ペリテック  

「試験コストを劇的に抑える、複数の無線プロトコルで試験可能なRF-ICテスタの開発」

 

京都大学

「NI LabVIEWとRFモジュールの活用で、マルチユーザMIMOの実証実験システムを構築」

 

北海道大学  

「TOF-MSのための高速データストリーミング・解析システム」

 

東京大学

「系統連系型小形風力発電機ベンチテスト装置」