You are here

株式会社芹沢システムリサーチ

    会社名

    株式会社芹沢システムリサーチ

    連絡先住所

    370-3521
    群馬県高崎市棟高町1928-53

    連絡先TEL/FAX

    TEL: 027-373-6222  FAX: 027-373-8208

    ホームページ http://www.serizawa-sr.com/
    電子メール

    info@serizawa-sr.com

    担当者氏名 磯貝拓矢
    所属部署/役職

    技術課

    主な業務地域 日本全国
    取得した認証・資格*

    CLD: 2名

    専門・得意分野

    試験システムの開発(メカや自動治具を用いたものは特に得意)、

    フィードバック制御(アナログ/デジタルどちらも)

    主な取扱いNI製品 依頼毎に様々です
    メッセージ

    LabVIEWはとても便利なツール(道具)です。道具を使えること自体はアドバンテージではありません。

    「何ができるか」そこにシステムインテグレータの違いがあります。

    当社はさまざまなツール、NI製品群,PC,PLC,専用ハード,専用通信装置,メカなどを組み合わせ、お客様に必要なシステムを創り上げ、国内外へ納めています。

    特殊な実験装置、特殊な検査機、特殊な試験システムこそ、当社の得意分野。

    「うちの製品は特殊だから…」という方こそお声掛けください。

     

    *1  プラチナアライアンスパートナーになるには、各レベルでも厳しい審査に合格した上で最終的に第三者審査顧問となる CSIA (control and information system integrators association) に合格する必要があります。この CSIA は、財務状況、戦略的人事、マーケティング、営業、経営面で審査します。したがってお客様に安定的な高品質のインテグレーションサービスを供給できるインテグレータだと認知され、北米を中心に信頼されたインテグレータの資格であると認知されます。

    *CLD(LabVIEW開発者認定試験)/CLAD(LabVIEW準開発者認定試験)/CPI(NI 認定講師資格試験)

     

    オイルの圧力制御・流量制御が可能な、性能試験システム
    USBカメラを用いた画像判定装置
    CAN TOOL α(alpha
    ・SENT/SPC TOOL 

     

    【導入実績1】

     

    業界 自動車
    顧客の課題

    非公開

    システム名称 オイルの圧力制御・流量制御が可能な、性能試験システム
    アプリケーション 性能試験システム
    概要・特徴 圧力制御・流量制御がスムーズに行えます。データを収録しグラフ化。2ch同時制御も実現しています。試料がもつ振動をFFT解析。
    課題解決の鍵となった技術

    LabVIEWではFFT解析が簡単に行えます。FFTアナライザを別途用意する必要はありません。またデータ解析した結果を視覚的に表現することに優れています。

    システム又は製品の詳細説明 自動車向けのため、低温から高温まで変化させながら性能評価しています。粘度をはじめとしたオイルの性質は温度によって変わります。高温でも低温でも正常に制御できる油圧の制御装置も含め、全体を開発しています。
    使用したハードウェア

    非公開

    使用したソフトウェア 非公開
    サポート形態

    電話・電子メール・FAX・訪問、いずれも可能です。

    本件は、NI掲載実績1「オイル制御を含む性能試験システム」と、お問い合わせください。※試料に関わる技術内容についてはお答えできませんので、ご了承ください。

    「こんなことをしたい」という構想がございましたら、システム全体の構成からご提案します。お気軽にご連絡ください。

    関連ウェブサイトリンク

     

    【導入実績2】

     

    業界 医療機器
    顧客の課題 非公開
    システム名称 USBカメラを用いた画像判定装置
    アプリケーション 画像判定装置
    概要・特徴 被検査品をモータで動かしながら、開度のリニアリティの良否を判定します。
    課題解決の鍵となった技術 LabVIEWなら画像処理を比較的簡単に行えます。高機能なLabVIEWUSBカメラと組み合わせることで、高機能なシステムを比較的安価に実現できます。
    システム又は製品の詳細説明 被検査品をモータで動かし、モータの指令と実際の開度のリニアリティを判定しています。被検査品の一部をカメラで撮影し、その画像をもとに開度を計測しています。
    使用したハードウェア 非公開
    使用したソフトウェア 非公開
    サポート形態

    電話・電子メール・FAX・訪問、いずれも可能です。

    本件は、NI掲載実績2「画像判定装置」と、お問い合わせください。※被検査品に関わる技術内容についてはお答えできませんので、ご了承ください。

    「こんなことをしたい」という構想がございましたら、システム全体の構成からご提案します。お気軽にご連絡ください。

    関連ウェブサイトリンク

     

     

     

     

    【製品1】

     

    業界 自動車
    名称 CAN TOOL α(alpha) (CAN信号発生装置)
    アプリケーション CAN通信
    概要・特徴

    自動車業界で用いられているCAN通信の信号を発生できる装置です。アナログやパルス信号をCAN信号に変換できます。

    システム又は製品の詳細説明

    LabVIEWシステムからCAN信号の設定が可能なようにviを用意しています。既存のシステムに組み込むことで簡単にCAN信号が出力できるようになります。2ch。

    使用したハードウェア CAN TOOL α
    使用したソフトウェア (設定ソフト付属)
    サポート形態

    電話・電子メール・FAX・訪問、いずれも可能です。

    本件は、NI掲載製品1「CAN TOOL α」と、お問い合わせください。

    「こんなことをしたい」という構想がございましたら、システム全体の構成からご提案します。お気軽にご連絡ください。

    関連ウェブサイトリンク

     

    【製品2】

     

    業界 自動車
    名称 SENT/SPC TOOL(信号発生装置)
    アプリケーション SENT通信
    概要・特徴 自動車業界で用いられ始めているSENT信号を発生できる装置です。
    システム又は製品の詳細説明

    LabVIEWシステムからSENT信号の設定が可能なようにviを用意しています。既存のシステムに組み込むことで簡単にSENT信号が出力できるようになります。標準2ch(拡張時6ch)。

    使用したハードウェア

    SENT/SPC TOOL

     

    使用したソフトウェア (設定ソフト付属)
    サポート形態

    電話・電子メール・FAX・訪問、いずれも可能です。

    本件は、NI掲載製品2「SENT/SPC TOOL」と、お問い合わせください。

    「こんなことをしたい」という構想がございましたら、システム全体の構成からご提案します。お気軽にご連絡ください。

    関連ウェブサイトリンク