You are here

株式会社 中央電機計器製作所

    会社名

    株式会社 中央電機計器製作所
    (カブシキガイシャ チュウオウデンキケイキセイサクショ)

    連絡先住所 〒534-0013
    大阪市都島区内代町2-7-12
    連絡先TEL/FAX

    TEL: 06-6953-2366   FAX: 06-6953-2414

    ホームページ http://www.e-cew.co.jp
    電子メール

    j-hatano@e-cew.co.jp

    担当者氏名 畑野 淳一 (ハタノ ジュンイチ)
    所属部署/役職

    技術部/部長

    主な業務地域 日本全国(基本的には近畿一円)
    取得した認証・資格*

    CLD:9名、CLAD:3名

    専門・得意分野 自動車業界や航空機分野、半導体分野を主とした製品試験・検査用アプリケーション、画像処理、CompactRIOやPLCを活用した制御を伴う工場向けアプリケーションの提供
    主な取扱いNI製品 LabVIEW、LabVIEW Real-Time、LabVIEW FPGA、TestStand PXI、cRIO、DAQ、IMAQ、Motion、GPIB、SCXI、PXI モジュール式計測器

    *CLD(LabVIEW開発者認定試験)/CLAD(LabVIEW準開発者認定試験)/CPI(NI 認定講師資格試験)

     

    【自動車】

    ・スターター耐久試験装置 ※詳細は【導入事例2】をご参照下さい。

    ・エアフローセンサーモニタリングシステム(DAQ)

    ・パワーウィンドウ接触抵抗自動検査ユニット(PXIシステム、Switch、DMM、DAQ)

    ・自動車用ワイヤーケーブル自動計測システム(PXIシステム、LabVIEW RT、SCXI、DAQ)

    ・外板剛性計測システム(cRIO)※KGC殿と共同開発

     

    【航空機】

    ・着陸脚落下試験計測システム(SCXI、DAQ)

     

    【半導体】

    ・VSAウエハテスタ ※詳細は【導入事例3】をご参照下さい。

    ・半導体ウエハ接触抵抗検査システム(DMM、RS-232C)

    ・ジャイロセンサーデータ収集システム(RS-232C)

     

    【画像処理】

    ・寸法自動測定システム(IMAQ、Motion)

    ・白色パネル黒点/輝点自動抽出検査システム(IEEE1394、IMAQ)

    ・細胞切除用レーザースキャニングシステム(IMAQ)【医療】

    ・SVU(MRI用超電導マグネット監視システム) ※詳細は【導入事例1】をご参照下さい。

    ・脳計測実験用制御システム(PXIシステム、LabVIEW RT、DAQ、デジタル波形エディタ)

    ・マイクロプレート読取装置(PXI、DAQ、Motion)

     

    【研究開発】

    ・Flex MOSTAB(FPGA型分光器安定化システム) ※詳細は【導入事例5】をご参照下さい。

    ・SPring-8ビームライン自動測定支援システム(DAQ)

     

    【試験検査】

    ・油圧ポンプ検査スタンド(TestStand、DAQ、5Bシリ-ズバックプレ-ン)

    ・重機油圧バルブ最終検査装置ソフトウェア(LabVIEW)

     

    【金属】

    ・Cスキャン測定システム(Motion、DMM、DAQ)

    ・溶接モニタリングシステム(SCXI、DAQ、PLC I/F)

    ・ビーム溶接機データ収集システム(PLC I/F)

    ・溶接条件データ集録システム(DAQ、RS-232C)

     

    【音響・振動】

    ・実稼動振動データ処理ソフトウェア(SVT)

    ・重機振動計測解析システム(LabVIEW)

    ・波形プリ・ポスト処理用ソフトウェア(LabVIEW)

    ・音振動自動測定システム(PXI システム、DAQ、RS-232C)

     

    【空調】

    ・外調機計測ソフトウェア(DAQ、GPIB)

     

    【環境】

    ・土壌自動分析システム(FieldPoint)

    ・排気ガス中微粒子数/微粒子径計測システム(DAQ)

     

    【電力】

    ・サージアナライザ ※詳細は【導入事例4】をご参照下さい。

    ・開閉特性自動読取装置(PXIシステム)

     

    【校正】

    ・熱電対自動計測システム(GPIB)

    ・測温抵抗体自動計測システム(GPIB)

     

    【その他】

    ・デジタル比誤差試験装置ソフトウェア(LabVIEW)

    ハードとソフト、一貫したシステムアップが可能です。LabVIEW開発支援の技術者派遣型サービス「LabVIEWレスキュー」もご活用下さい!<LabVIEWレスキューの詳細はこちら

    【導入実績1】

     

    業界 医療
    顧客の課題

    高価で貴重な資源であるヘリウムの規定量を制御する必要があった。

    強磁場が発生する可能性のある危険な現場のため、誤作動や事故を防止する機能も必要。

    システム名称 SVU(MRI用超電導マグネット監視システム)
    アプリケーション MRI 1台につき1台組み込まれるフィードバック監視システム
    概要・特徴 MRIに使用する超電導マグネットの状態を監視し、周辺装置をコントロールする装置
    課題解決の鍵となった技術 弊社の回路技術とLabVIEWでの開発が可能なNI社製のsbRIOを採用したことで、開発時間の短縮と保守性の向上を実現。
    システム又は製品の詳細説明

    液体ヘリウム液量の測定、マグネット内圧測定、マグネット内温度測定、磁場の有無検出などの機能を有し、各種マグネット内ヒーターコントロールを行う。

    加えて非常時の緊急磁場遮断の機能を有する。

    使用したハードウェア sbRIO-9605
    使用したソフトウェア LabVIEW FPGA、LabVIEW Real-Time
    問い合わせ方法 電話・電子メール・FAX・訪問
    関連ウェブサイトリンク -

     

    【導入実績2】

     

    業界 自動車
    顧客の課題

    アイドリングストップの需要増に伴う耐久試験のニーズに対応が必要になった。また、これまで使用されていた計測器は解析が全て後処理になっていた。

    5万点ものデータ解析に多大な時間がかかっていたことが課題であった。

    システム名称 スターター耐久試験装置
    アプリケーション 開発段階の自動車用スターターの試験システム
    概要・特徴 スターターの耐久試験をリアルタイムで行う装置。エンジン回転数、スターター回転数、モータ電流等をすべて1つのグラフで解析・表示するシステム。
    課題解決の鍵となった技術 CompactDAQをリアルタイムデータ解析に利用
    システム又は製品の詳細説明 解析後のデータはPCに自動で保存が可能。リアルタイムモニタリングも可能。エラー検知後すぐに次の試験に移ることができる。エンジン回転数、スターター回転数、モータ電流、セルモータ入力信号、接点導通信号をすべて1つのグラフで解析・表示する。
    使用したハードウェア cDAQ 9184、 NI-9211、NI-9421
    使用したソフトウェア LabVIEW
    問い合わせ方法 電話・Eメール・FAX・訪問
    関連ウェブサイトリンク

     

    【導入実績3】

     

    業界 半導体
    顧客の課題

     

    システム名称 VSAウエハテスタ
    アプリケーション 車載モジュール用ICのウエハ検査
    概要・特徴

    生産ライン上でベクトル周波数アナライザを用いて、ウエハの周波数特性を検査。

    複数の電圧出力の設定が可能。

    課題解決の鍵となった技術 ベクトル周波数アナライザによる高速処理により1枚あたりのウエハにかかる検査時間を25%短縮
    システム又は製品の詳細説明 PXIシステム導入によりコンパクト化と、測定条件の柔軟さにより測定時間の短縮を実現。パワーセンサのキャリブレーション機能搭載。前工程の結果の閲覧が可能。次工程に必要な結果の出力も可能。
    使用したハードウェア PXIシャーシ、コントローラ、ソースメジャーユニット、ベクトル周波数アナライザ等
    使用したソフトウェア LabVIEW
    問い合わせ方法 電話・Eメール・FAX・訪問
    関連ウェブサイトリンク

     

    【導入実績4】

     

    業界 電力
    顧客の課題

    30年程前の計測器を機能はそのままでシステム構成を一新したい。

    システム名称 サージアナライザ
    アプリケーション 衝撃電圧印加試験用信号発生器
    概要・特徴 高圧用電力機器及び電力ケーブル等のサージテストに先立って行われる各種の模擬試験に使用。大容量負荷に対応。
    課題解決の鍵となった技術 タッチパネルPCの採用により、HMIの設計自由度が向上し、従来機よりも使い勝手が良くなった。また、サージパルスの時定数の切り替えをソフトウェア制御に変更したことにより、時定数設定の保存を可能とした。
    システム又は製品の詳細説明

    ・衝撃電圧印加試験、せん絡試験、大容量負荷に対する試験も可能。

    ・30年程前の計測器を機能はそのままでシステム構成を一新。

    ・最大100Vppでパルス幅5~400usのサージ波形を出力可能。

    ・新機能として、「ソフトウェア制御時定数調整」「タッチパネルの採用」「時定数設定保存」

    使用したハードウェア タッチパネルPC、リレー制御用DIOモジュール、マルチファンクションDAQ
    使用したソフトウェア LabVIEW
    問い合わせ方法 電話・Eメール・FAX・訪問
    関連ウェブサイトリンク http://www.e-cew.co.jp/development/other/o_case03.html

     

    【導入実績5】

     

    業界 組み込み
    顧客の課題

    1.従来システムの制御回路の中核を担うDSP(デジタル信号に特化したマイクロプロセッサ)が製造中止となったため。

    2.パソコンのPCIスロットを用いるため、従来のMOSTABにあった機器間通信エラーに伴う動作不良を解消したい。

    システム名称 Flex MOSTAB(フレックス モスタブ)
    アプリケーション FPGA型分光器安定化システム
    概要・特徴 分光器の出射ビーム位置や強度をより効果的に自動化・安定化するシステム
    課題解決の鍵となった技術

    1.FPGAコード及び制御用コードは、LabVIEWを使用しており、複雑なFPGAプログラミングをVHDLなどの低レベル言語を使用せずにLabVIEW FPGAでプログラミングすることができる。

    2.フィードバックコントローラには、sbRIOを採用。これにより、長期間の製品提供が可能となり、コンポーネントの修理・交換を容易に行うことができる。

    3.フィードバックコントローラを用いることで、PCとの通信が途絶えてもフィードバック制御が続行できる。

    4.フィードバックパラメータの調整を自動化することにより、誰でも短時間で調整を行うことが可能となった。

    システム又は製品の詳細説明

    MOSTAB(Monochromator  Stabilization)は、分光器の出射ビームの位置や強度を測定し、それらが一定になるように二結晶分光器の第一結晶の角度をフィードバック制御するシステム。

    フィードバックコントローラとその制御ソフトウェアで構成されており、シンプルな一軸制御のフィードバックシステムとなっている。これにより、分光器の出射ビーム位置や強度の安定化が可能となった。

    使用したハードウェア sbRIO-9636、LabVIEW RT、LabVIEW FPGA
    使用したソフトウェア LabVIEW
    問い合わせ方法 電話・Eメール・FAX・訪問
    関連ウェブサイトリンク http://www.e-cew.co.jp/products/labview/l_case07.html

     

     

    【製品1】

     

    業界 タッチパネル
    名称

    微細欠陥検査装置

    アプリケーション 画像処理
    概要・特徴 光学フィルム、シートやタッチパネルなどの表面キズ、異物の検査や微細電極の欠陥検査を行う装置
    システム又は製品の詳細説明

    高解像度カメラと高精度X-Yステージを用いた二次元の検査装置。光学分解能「1.8μm」で、非常に高精細な検査が可能。

    寸法測定にも対応でき、二次元の打ち抜き加工品などの検査に有効。

    使用したハードウェア

    PXIシステム

    使用したソフトウェア

    LabVIEW

    問い合わせ方法 電話・電子メール・FAX・訪問
    関連ウェブサイトリンク http://www.e-cew.co.jp/products/bskk/bskk01.html