You are here

株式会社ドルフィンシステム

    会社名

    株式会社 ドルフィンシステム

    連絡先住所 171-0014
    東京都豊島区池袋2-45-1アークシティ池袋601
    連絡先TEL/FAX

    TEL: 03-6658-4949  FAX: 03-6658-4949

    ホームページ http://www.dolphinsystem.jp
    電子メール

     info@dolphinsystem.jp

    担当者氏名 福島幹雄
    所属部署/役職

    営業部 取締役

    主な業務地域 日本全国
    取得した認証・資格*

    CLD:1名

    専門・得意分野

    RF/ワイヤレステスト無線信号処理

    主な取扱いNI製品 NI LabVIEW, LabVIEW FPGA, データ集録(RFSA)NI VST, NI FlexRIO, NI DIAdem
    メッセージ

    ドルフィンシステムのメンバーは過去18年間ワイヤレス R&D の最前線で試作、研究、開発に取り組んでいます。

    RFワイヤレスシステム開発、アルゴリズム実装、MIMOチャネルサウンダ、チャネルエミュレータ(フェージングシミュレータ)など、先端の設計・実装サービスを、主要顧客であるキャリア研究所、メーカ研究所、大学、国立研究機関に提供しています。

    *CLD(LabVIEW開発者認定試験)/CLAD(LabVIEW準開発者認定試験)/CPI(NI 認定講師資格試験)

     

    広帯域レコードシステム (UAV 向け4ch MIMO チャネルサウンダ)
    広帯域レコードシステム (ロケットテレメータ復調ソフトウェア)
    広帯域レコードシステム (802.15.4g向け)
    広帯域レコードシステム (WiFi DFSレーダ信号干渉確認用信号処理装置)
    可聴域データ通信ソフトウェア(音声帯域を使用したデータ通信)
    ・RFレコーダー・キャプチャプレイバックシステム(USRP/VST等を使用したキャプチャとプレイバック)
    5G向けMassive MIMO評価システム

     

     

    【導入実績1】

     

    業界 宇宙開発
    顧客の課題 H2A/B, イプシロンロケットが発信するテレメータデータが発射時にロックオフ(同期が外れる)原因を究明したい
    システム名称 ストレージデータ復調ソフトウェア
    アプリケーション 無線通信解析
    概要・特徴 NI VSTRAIDストレージを用いて保存されたIQデータを復調し、データ観測や変調誤差などを計測します。
    課題解決の鍵となった技術

    1, RFキャプチャ(RFSA)

    2, モジュレーションツールキット

    システム又は製品の詳細説明

    このソフトウェアはIQ16ビットバイナリファイルを読込みフレーム同期を行なった後、復調、等化、スペクトラム、周波数オフセット、位相オフセット、変調誤差比、振幅誤差比、EVM RMS値を表示・保存します。

    NI LabVIEW のオプションとして用意されているモジュレーションツールキットを使用することで、開発開始後3ヶ月目にはソフトウェアの開発をほぼ終了することが出来ました。

    開発が順調に進み負担が軽くなったため原因究明のキーとなるドップラー現象のシミュレーションソフトウェアも作成し、弊社に課された以上の成果を達成しました。

    使用したハードウェア

    NI PXIe-5644R

    NI PXIe-8135

    使用したソフトウェア LabVIEW 2012
    サポート形態 電話・電子メール・FAX・訪問
    関連ウェブサイトリンク http://japan.ni.com/usersolutions/jaxa

     

    【導入実績2】

     

    業界 無線通信
    顧客の課題 従来型測定器では実現不可能な1時間程度の30MHz帯域幅のRFキャプチャを行ないたい。また4つの受信アンテナをGPSと同期して切替えて受信したい。
    システム名称 4ch MIMO チャネルサウンダ
    アプリケーション チャネルサウンダ
    概要・特徴 30MHz帯域幅のデータをストレージに保存します。最大4受信アンテナを切替えて、どのアンテナからのデータを保存するかどうかを任意に切替えられます。
    課題解決の鍵となった技術

    PXI-6682H タイミングモジュール

    PXIe-2543アンテナスイッチ

    システム又は製品の詳細説明

    RFキャプチャ装置は市場にいくつか出回っていますが、本装置は最大4アンテナを切替えて受信しIQ16ビットデータを保存することが可能です。MIMOチャネルサウンダの受信側装置として活用することが出来ます。

    アンテナ切替は、GPSから受信した1pps信号を検出し、そのタイミングで1秒間の間に100回程アンテナ切替えます。またストレージ開始もGPS1ppsに同期して開始することが可能です。今回は30MHz帯域幅を保存しましたが、最大80MHz帯域幅まで保存可能です。

    使用したハードウェア

    NI PXIe-5644R

    NI PXIe-8135
    NI PXI-6682H

    NI PXIe-2543

    NI 8260

    使用したソフトウェア LabVIEW 2012
    サポート形態 電話・電子メール・FAX・訪問
    関連ウェブサイトリンク http://sine.ni.com/cs/app/doc/p/id/cs-16339

     

    【製品1】

     

    業界 無線業界
    名称 ワンボードチャネルエミュレータ Riviera
    アプリケーション 無線測定計測、MIMO OTA
    概要・特徴 PXIe-5644R, PXIe-5641Rに搭載可能な 2x2 MIMO チャネルエミュレータ
    システム又は製品の詳細説明

    安心の国内開発・国内サポートのフェージングシミュレータ。FPGAで実装したリアルタイム2x2 MIMOフェージングシミュレータで、入力された信号にドップラーやノイズを付加してRF信号として出力します。LTEなどの通信規格に対応したプロファイルを持っており、簡単な操作でフェージング環境を設定できます。RFレコーダと組み合わせることで、ストレージしたIQデータにドップラー・ノイズを付加してRF信号として出力することが可能です。別途箱形タイプも用意しています。

    使用したハードウェア

    PXIe-5644R

    PXIe-5641R

    使用したソフトウェア LabVIEW
    サポート形態 電話・電子メール・FAX・訪問
    関連ウェブサイトリンク http://www.dolphinsystem.jp/riviera/

     

    【製品2】

     

    業界 無線業界
    名称 RFレコーダー・キャプチャ&プレイバックシステム
    アプリケーション 無線測定計測、電波伝搬測定、電波伝搬解析
    概要・特徴 RFレコーダー・キャプチャ&プレイバックシステムは、50MHz~26GHz帯を20MHz~最大765MHz BWを高速ストレージに連続収録・再生することができます。
    システム又は製品の詳細説明

    RFレコーダー・キャプチャ&プレイバックシステムは、50MHz~26GHz帯の20MHz~最大765MHz BWを高速ストレージに連続集録・再生することができます。20MHz BWならNI-USRPとノートPCを使用することで従来品よりも数分の一の価格を実現しました。データ収録には厳選したSSDを使用しデータ落ちを回避します。

    複雑な操作は不要。ソフトを起動し周波数を設定しボタンを押すだけで収録開始。再生も3ステップで。標準添付のデータビュアーソフトを使えば波形の確認や切り出しも簡単です。

    使用したハードウェア

    NI USRP-2920
    NI USRP-2922
    NI PXIe-5644R/5646R 

    使用したソフトウェア LabVIEW 2013
    サポート形態 電話・電子メール・FAX・訪問
    関連ウェブサイトリンク http://www.dolphinsystem.jp/rfcapture_recorder_and_playback/