You are here

NI学術研究補助制度規定

目次

応募資格

審査

応募方法

補助を受ける方

補助内容

備考

 

応募資格

  • 執筆者は応募時18歳以上であること。
  • 応募書類は英語で書かれていること。
    • 執筆者は大学院課程を持つ学術機関の研究者であること。
    • 執筆者を主任研究者とし、応募は1件のみとする。
    • NI製品を使用した計測、制御、無線通信、またはオートメーションアプリケーションを作成していること。またその使用を説明する概要書や技術論文は執筆者のオリジナルであること。
    • 本プログラムは、法律により禁止または制限されている地域では無効となります。
    • ナショナルインスツルメンツ(“NI”)、またはその子会社および関連会社、広告代理店、販売促進提携会社の従業員と、従業員の家族・親族は応募できません。
    • 本プログラムは、米国連邦、州、および現地の法律および規制の対象となります。
    • 補助金を獲得した方は、事例報告書を作成し、米国テキサス州オースティンで開催されるNIWeekコンファレンスにて発表していただきます。
    • 応募されたプロジェクトは公開することがあります。
    • 応募内容(概要書と論文を含む)は本補助制度の応募管理、審査、審査結果の通知、選考結果の通知、補助提供のために必要な手続きに使用され、全てNIが所有するものとし、返却はされません。応募書類の遅れ、損傷、不完全、判読不能、逸失、遅着、または不備について、NIは一切の責任を負いません。

     

    審査

    NI製品のエキスパートからなる匿名の審査団が全ての応募書類を審査します。審査員による決定は最終とみなします。応募書類は以下の基準で審査されます。

    • グラフィカルシステム開発の優れた実例となっているか。
    • 技術的に高難度のソリューションであるか。
    • グラフィカルシステム開発方式を採用したことによるメリットが明確か。
    • 世界にとって有益な効果をもたらすか。

     

    応募方法

    2016 年応募日程

    1月1日 ― 一次審査、事前提案概要書の提出を開始

    3月4日 ― 深夜12時に一次審査の募集を終了

    3月25日 ― 一次審査の結果を応募者に通知

    6月10日 ― 深夜12時に二次審査の提案書(一次審査合格者のみ)の募集を終了

    7月8日 ― 最終的な選考結果を通知

    お問い合わせ窓口

    応募書類の提出にあたり、ご質問やご不明点などがございましたら、お近くのNI事業所までお問い合わせください。(Tel: 0120-527196)

    一次審査 - 提案概要書の提出

    一次審査では、プロジェクトの目的、そのプロジェクトによって解決できる問題、目標について説明した概要書を提出していただきます。さらに、その概要書にはプロジェクトに関連する資金や経験、計画についての簡単な説明も添えていただきます。概要書は、NIのWebサイト(ni.com/research-grants)にあるフォームを用いてオンラインで提出してください。応募書類の提出後は、登録されているEメールアドレス宛に状況をお知らせいたします。一次審査に合格された方は、二次審査に進んでいただきます。

    提出書類

    • 提案概要書
    • 一般的なスケジュール
    • 予算の概要
    • 宣伝計画

      二次審査 - フルバージョンの提案書(一次審査合格者のみ)

      一次審査に合格した方には、プロジェクトの技術的側面やスケジュール、予算について詳細に記述したフルバージョンの提案書を提出していただきます。二次審査の提案書を提出するにあたり、必要な具体的基準を記載した詳細なテンプレートをお届けいたします。

      提出書類

      • 記入済みの提案書テンプレート
      • 出版権譲渡書(Right to Publish form)
      • 最終的な予算とスケジュール

        最終結果の通知

        補助の提供が決定した方には、応募日程表に記載された期日までに通知いたします。当補助制度の対象となるプロジェクトは、プログラム終了後に米国テキサス州オースティンで開催されるNIWeekコンファレンスにて公開いたします。

         

        補助を受ける方

      • 補助の提供が決定した方には、ご登録いただいたEメールアドレス宛に通知いたします。
      • 補助金を受ける方は、資格宣言書、補助金請求書、譲渡証書(“宣言”)に署名していただくことがあります。通知後10日以内に「宣言書」が返送されない場合、補助金の権利が喪失しますのでご注意ください。
      •  

        補助内容

      • NIWeekコンファレンス/エキスポ1回分の費用をNIが全額負担いたします。但し、ご参加いただく会期は指定させていただき、変更はできません。

      • 最高で50,000米ドルまたは相当のNI製品を提供いたします。応募内容によっては、補助金額が50,000米ドルを下回る場合もあります。
      • 補助金/製品は譲渡できません。
      • 補助金に係わる納税その他の義務は、補助金を受ける方が負います。
      •  

        備考

        補助金が受けられる確率は、提出された有効な応募の数と質によって決まります。補助金の応募または受領により、執筆者は、NIおよびその提携会社が追加の報酬なしで執筆者の氏名(企業名を含む)、画像、声、評価データ、経歴等を宣伝や広報活動に使用することを承諾したものとみなします。執筆者は、提供された補助金/製品が全て応募書類に記載されたプロジェクトに使用されることを保証する義務を負います。

        執筆者は、本プログラムへの参加または補助金/製品の受領または使用により生じたあらゆる損傷、損失、損害について、NIは一切の責任を負わないことに同意したものとします。執筆者は、応募内容がオリジナルであり、含まれる情報に虚偽がなく、著作権を含め他者が権利を所有する要素が一切ないことを保証するものとします。プログラム規定は年によって変更することがあります。補助の一環として提供されたNIソフトウェア/ハードウェアの使用には、「販売条項」が適用されます。

        NIは、補助金のほかに、技術コンサルティング、政府助成金獲得の支援等、研究者を個別に支援しています。さらに詳細な情報につきましては、お近くのNI事業所までお問い合わせください。